セルフ研磨って?
貴社の機械スピンドル、こんな症状がありませんか? 最近のNCフライス、マシニングセンターなどのNC工作機で、工具が振れて径補正が安定しないとか、ボーリング加工の時、仕上面にビビリが生じるとか、重切削ができない等様々な問題が生じていませんか。
主な原因は
修理前

主な原因は、頻繁に工具交換を行うために、スピンドル内面テーパー(BT50、BT40)が少しずつ削れていき、工具テーパーとの噛み合わせが悪くなっているためです。

今までの修理方法は?
準備が大変

従来でしたらヘッドを分解してスピンドルをメーカーに送り、修正されていた事と思いますが、これでは長時間機械を止めなければならず、生産が間に合わない、また費用も非常に高くついて困ります。

セルフ研磨とは?
研磨後

弊社から持ち込んだセルフ研磨機を、修理対象の工作機械のテーブル上もしくはパレット上に設置し、工作機械の主軸テーパー角度に合わせて、砥石を使いテーパー部を研磨します。

セルフ研磨の特長
  • ・セルフ研磨機は弊社から持ち込みます。
  • ・作業時間は、1台約半日~1日(通常のBT40、50)
  • ・料金は、主軸分解交換工事の1/2~1/3以下(メーカーによっては1/4以下)
  • ・フォークリフト、クレーン(路線の運送会社のウィング型トラックで届く1100×1250×850、700kgの箱を降ろし、250kgのセルフ研磨機本体を中から吊って出せること)、工作機械オペレーター1名をご用意ください。
  • ・事前に治具を下ろして、テーブルの上にセルフ研磨機が乗せられる状態にしておいて下さい
  • ・自動車ライン等安全管理が厳しい場合、玉掛け、クレーン、フォークリフト作業はお客様にてお願いいたします。

【修正可能な機械】
NCフライス、マシニングセンター、五面加工機、横中ぐり盤、ターニングセンター
【通常仕様】NT50、NT40(ナショナルテーパー)BT50、BT40、MT5、MT4(モールステーパー)
【二面拘束仕様】BBT50、BBT40(Big Plus)

【要相談な機械】
ボール盤、フロア型の工作機械、製造ラインの工作機械(専用機)
BT30テーパーの工作機械
【二面拘束仕様】KM6350、KM10080(ケナメタル社仕様)、HSK A100、HSK A63、HSK A40

【サービス対象外】
旋盤、複合旋盤、セラミック製主軸を持つ工作機械

見積りはこちらから